石川県

金沢城公園
金沢城公園

 『石川県は、本州中央部の日本海沿岸に位置する県です。人口は114万人ほど。県庁所在地のある金沢市は、季節を問わず美しい景色が見られるよう設計された「兼六園」があることでも有名です。

東西約100km、南北約200Kmと南北に細長い形状をしており、自然環境や文化や伝統の違いがあり大きく4つのエリアに分けられます。

・「奥能登」と呼ばれる能登半島の先端部は、世界農業遺産にも認定された豊かな里山里海があります。・「中能登」は、能登半島国立公園を代表する景勝地に恵まれ、金沢へは90分圏内と利便性もあり通勤者も多いエリアです。・「金沢近郊」は社会インフラが整備され、文化的な施設や大学などが集積しています。・「加賀・白山」は、九谷焼をはじめとした伝統工芸や、機械・電子などが盛んです。小松空港もこのエリアにあり、温泉地も点在しています。

RE WRITEより引用

みどりかわい幼稚園 ~石川県金沢市

デイサービスで開花  ~金沢市

はるかのひまわり畑  ~金沢市平栗

はるかのひまわり畑  ~金沢市平栗

  • 石川県金沢市平栗で観賞用の「ハイブリッドサンフラワー」と、阪神大震災 の復興のシンボルとされる「はるかのひまわり」約3千本が咲き誇りました。 
    2012.7.18 記事